MENU

 子供を保育所に預けることも何とかできましたし、より給料の高いお水の仕事を始めることになったのです。
私はこういった接客する仕事というのは、かなり苦手ではあったのですが、子供たちのためにもそれなりの収入が必要でした。
夜の仕事をするなんてまさかって感じでしたけれど、死活問題ですから、心にも体にもムチを打ちながら頑張っていこうと思いました。
慣れない接客業ですから、やっぱりストレスってかなり溜まってしまっていたじゃないかって思うんです。
お酒だって飲まなければいけないし、お客さんに気に入ってもらわなければならなかったりもするしで、精神的なすり減りはかなりのものでした。
しかし、弱音を吐くことは出来ない状況です。
この現状を耐えなければならず、誰かに相談することも難しいので1人抱え込んでしまっているって感じになっていました。
シングルマザーになって唯一の心の安らぎは、子供たちと一緒にいる時間だったりもします。
子供の笑顔を見ると、もっと自分も頑張っていかない系いけないなって気持ちにさせてもらいました。
仕事で子供と接する機会が少ないので、時間のある時は思いっきり甘えさせてあげたりもしました。
私と子供たちの将来のためにも、これからも仕事は頑張っていかなきゃって思っていたのですが、それでもやはりストレスというものは自然と溜まってしまうものですね。
子育てをしながら仕事をする、他の女性たちも皆んなわたしみたいに苦しんでいるんだって思って、それでも誰にも助けてもらえないので我慢するしか他にいないのですからね。
ただあんまりにも頑張りすぎてしまったためか、どうしても息抜きをしたいなという気持ちは強くなってしまっていたのです。
誰かに話を聞いてもらいたいし、ひととき子供のことも忘れたいという気持ちもありました。